紹介記事:企画立案から実装まで、サービスを自分の手で作り上げるプロジェクト(株式会社YELL)

Pocket

世界初のクラウド型組織開発・人財育成サービス「YeLL」を展開する株式会社YELL で、企画立案から機能の実装まで、一連の業務を経験することができるプロジェクトです。必要な機能のプランを自ら構築し、企画書を書き、手を動かして実装する。まさにベンチャー企業ならではのスタイルを経験できるプロジェクトを通じて、エンジニアとしてより高い視野を持った人材を育成することができます。


株式会社YELLの紹介


photo1目的を持った生き方で、世界を変える。

株式会社YELL は、2013年6月の創業以来、「目的を持てれば、生き方・働き方が変わる。一人ひとりの目的を持った生き方・働き方が、会社を、社会を、世界を変える。」という<経営の信念>をもって、企業向けの人財育成・組織開発のコンサルティング事業を行ってきました。大手事業会社をクライアントとして、人財育成や組織の在り方と向き合ってきた同社が、2015年4月にローンチしたのが、クラウド型の組織開発・人財育成サービス「YeLL(エール)」。まさに同社の集大成ともいえる注目のサービスです。

誰かの応援が、力に変わる。

「YeLL」は、サービス利用企業の社員が「YeLL」に週報を記載すると、その内容をコーチング・キャリアカウンセリングの資格を持つクラウド上のサポーターが確認し、社員一人ひとりにアドバイスやコメントを返信するという仕組み。クラウド上のサポーターからのコメントを通じて、モチベーションの向上や、行動の促進などを行うというものです。

組織風土の改革や、マネジメント強化、離職防止といった課題の解決ニーズは年々増加しています。これは、社員同士のコミュニケーション機会の減少や、上司が忙しく一人ひとりの社員までフォローアップできないといった状況から生まれています。そこで、上司に代わって、見守り、応援する伴走者として「YeLL」が必要になるというわけです。

まるでスポーツ選手を、応援団やファンが応援するように、ビジネスのフィールドで戦う人たちに「プロの応援」を持ち込む。専門家の応援を受けて、その人が目的に向かって努力をできるようになり、目的を達成することができるという好循環を生みます。

「YeLL」事業に集中。

株式会社もくてきは、「YeLL」事業を一気に加速すべく、資金調達を実施、人材の強化および集中的なリソース投入に踏み切りました。すでに10社以上の企業で導入され、売上の増加など具体的な成果につながった事例も続々と上がってきています。クラウドソーシングをマネジメントに活用するという斬新な仕組みが注目され、多くのメディアにも取り上げられています。「YeLL」が、大企業の新しい人材のマネジメント手法として、定着する日もそう遠くはないかもしれません。


どんなプロジェクトか?


logo今回のプロジェクトでは、エンジニアを対象に、「YeLL」に必要な機能の企画立案から実装までを一貫して担当していただくというものです。まずは「YeLL」について詳しく知っていただき、必要となる機能の提案をまとめていきます。そのうえで、実際の開発部分までを担当いただきます。

どこからか仕様書が回ってくるというものではなく、「YeLL」が持っている明確なビジョンを理解し、そのビジョンを実現するために必要な機能を自ら考えて提案するという、まさにベンチャー企業ならではの経験が積めるはずです。

業務内容

「YeLL」の機能提案、および提案機能の実装

スケジュール

1か月目 社内研修および機能提案
2か月目 提案のブラッシュアップ、実施可否判断、実装に向けた開発
3か月目~ 実装に向けた開発、引き継ぎ

このプロジェクトに適した企業・人材


大規模な開発チームが組まれていて、プロジェクトのマネジメントを経験させる機会の少ない企業。エンジニアからの主体的な提案を増やしたい企業。

※必要スキル
・HTML/CSS、PHP、MySQL、Javascript / jQuery
・Git及びGitHubフロー


どんな経験やスキルが得られるか?


photo2自ら考え、企画し、実装する機会

今回のプロジェクトに求められるのは、開発のスキルだけではありません。顧客の立場に立ってサービスのあるべき姿や価値について考え、技術的なアプローチでその価値をどう作るかということを企画し、実現していくことが求められます。開発体制の整った企業ではなかなか味わえるものではありません。本プロジェクトを通じて、決められたことを決められたとおりに開発するのではなく、より主体的に、自ら動き考えられるエンジニアを育成することができます。

20代~40代までの多様な人材と議論

株式会社もくてき には、20代~40代までのバックグラウンドの異なる多様なタレントが集まっています。そして、上下関係はなく、全員が本気で意見を言い合うチームになっています。そのような環境で、自らの企画をつくり、提案を通すことができるかどうか。本プロジェクトを通じて、コミュニケーションスキルの高まりにも期待できます。

「働く人を元気にする」というダイレクトな成果を実感

冒頭でも紹介したとおり、「YeLL」はまだ生まれたばかりのサービスです。そうであるがゆえに、新しい機能を実装すると、その反応はダイレクトに帰ってきます。自分の作ったものが、クラウドサービスを通じて、実際に誰かを元気にしているという実感が得られます。

本来、開発は、誰かが必要としている機能を形にするという仕事です。しかし、多くの仕事では、その「必要としている人」の反応を見ることなく、仕事が次から次へと進んでしまいます。本プロジェクトを通じて、自ら開発したものが実際にユーザーに届き、反応があるという経験は意外と少ないかもしれません。そしてその経験を、成功体験として積むことができれば、自社に戻った後も、目の前の作業に対する理解度が大きく変わるはずです。つまり、本プロジェクトに参加することができたエンジニアは、一つひとつの開発に意義を見出して取り組むことのできる、高い視点を持った人材へと成長を遂げることでしょう。


会社概要


企業名 株式会社もくてき
代表者 與良 昌浩
本社所在地 東京都品川区西五反田2-13-5 豊三西五反田ハイツ701号室
事業内容 企業向け人財育成事業
企業向けコンサルティング事業
事業価値再創造コンサルティング
企業向け目標達成支援インターネットサービス事業:クラウドサポーティングYeLL(エール)
学校(高校、大学)向け授業の企画、運営、導入
設立 2013年6月4日
資本金 非公開
従業員数 20名

募集要項


プロジェクト名 ビジネスのフィールドで戦う人たちの「応援」をエンジニアリングするプロジェクト
レンタル期間 3カ月以上
勤務地 本社
業務内容 システム開発
必要スキル HTML/CSS、PHP、MySQL、Javascript / jQueryの技術
Git及びGitHubフロー
歓迎スキル プロジェクトリーダーの経験

お問い合わせ


お問い合わせをいただいた企業様には、本プロジェクトにおける業務内容の詳細および選考・契約プロセスについて詳しくご案内をさせていただきます。

貴社名(必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

URL

お問い合わせ内容 (必須)

ご入力いただいた内容は、株式会社ローンディールのプライバシーポリシーに基づいて適切に管理いたします。

 

Pocket