AGRIST株式会社

更新日:

東京と宮崎の2拠点、農業の現場でロボットを開発

私たちの使命は、人類の未来のため、農業にイノベーションを起こし、世界の農業課題を解決することです。農家と共同開発した収穫ロボットの普及により、農業の人手不足を解決し、100年先も続く持続可能な農業とまちづくりを実現します。現在、東京オフィス開設を進め、エンジニアやエンジニアをサポートする人材の採用活動に力を入れています。東京都大手町と宮崎県新富町という2拠点で、農業×DXを推進していきます。一緒に採用活動やチームづくりを進めてくれる方、宮崎の農場でフィールドエンジニアとして働きながら収穫ロボットをアップデートしてくれる方、農家のニーズを聞きながら収穫ロボットを開発してくれる方を求めています。

メンバー

齋藤潤一
代表取締役CEO
米国シリコンバレーのITベンチャー企業で音楽配信サービスの責任者として従事。帰国後、東京の表参道でデザイン会社を設立。大手企業や官公庁のデザインプロジェクトで多数実績をあげる。2011年の東日本大震災を機に「ビジネスで地域課題を解決する」を使命にNPOを設立(2015法人化)。慶應義塾大学で教鞭をとりながら、全国各地の起業家育成に携わる。2017年4月新富町役場が設立した地域商社「こゆ財団」の代表理事に就任。2018年12月に首相官邸にて国の地方創生の優良事例に選定される。2019年に地域の農業課題を解決するべく農業収穫ロボットを開発するAGRIST株式会社を設立。

高橋慶彦
取締役COO
秋田県横手市出身。10歳から家業の印刷会社の事業の手伝いを始める。高校卒業後、単身渡米。米国シリコンバレーの大学にて、デザイン・映像制作・WEB制作を学ぶ。帰国後、広告代理店を設立。地方自治体や官公庁を顧客に実績を多数あげ、全国のネットワークを構築する。その後、クラウドファンディングを活用したメディア事業、人材育成事業、空き家再生事業を実施。合計達成額は800万円以上。2018年8月、家族と共に宮崎県新富町へ移住。日本の地方から、世界の農業課題を解決し、人類の未来に貢献するためAGRIST株式会社を設立。

レンタル移籍者に担当させたい業務内容

面談にて相談の上決定します。色々な仕事があります。
得意な部分のみ、得意な部分の組み合わせ、
自分ならこんなことができるというご提案も大歓迎です。

□人事マネージャー
・採用戦略の策定・企画
・採用活動の分析・改善
・チームビルディング

□フィールドエンジニア
・農場での検証
・レポート作成
・ロボットの改良

□ロボット開発エンジニア
・メカ設計
・ソフト開発
・組み込み制御
・機械学習開発

□SaaS開発エンジニア
・アプリ開発
・サーバー構築

□生産管理マネージャー
・技術規格管理
・品質管理
・製造管理

□組織開発マネージャー
・進行管理
・法務管理
・アカウンティング管理

DATA

企業名
AGRIST株式会社
URL
https://agrist.co
代表取締役
齋藤潤一
本社所在地
宮崎県児湯郡新富町富田東1丁目47番地1
設立
2019-10-24
資本金
1億8,849万円
従業員数
5

募集情報

業界
AI・ロボティクス,農業・食
募集ポジション
  • エンジニア・デザイナー
  • コーポレート部門(人事・財務経理・管理)
  • ビジネス開発(企画・営業・マーケティング)
受入期間
6か月~