ArchiTek株式会社

更新日:

IoTエッジ側のAI・画像処理ハードウェア(半導体設計開発)

「低コスト・低消費電力性とGPUの柔軟性を兼ね備えたLSI」の半導体設計IPソリューションを提供。再構成機能を利用しAI(Deep Learning)や画像処理(SLAM)などさまざまなアプリケーションに対応。

メンバー

●高田周一 代表取締役 創業者 CEO兼CTO
大手電機メーカーでコンピューターアーキテクチャのR&Dから製品化まで20年の経験を活かした効率的な設計ノウハウを保有。特に画像処理に適したIP開発を得意としている。

●古川洋介 専務取締役 システム開発担当
 大手電機メーカー入社、基板設計などシステム開発で活躍

●寅巴里ハッサン 取締役 COO 開発環境・海外担当
 大手電機メーカー入社、アパレル事業会社設立、開発環境整備と海外交渉で活躍

●藤中達也 取締役 CFO ファイナンス担当
 大手銀行入社、木材事業継承、起業支援で活躍

●黒田剛毅 取締役 CMO マーケティング担当
 大手電機メーカー入社、オープンイノベーション活動の企画で活動  

レンタル移籍者に担当させたい業務内容

・AI・IoT分野におけるエッジコンピューティング事業をスクラッチからビジネス開発  

このレンタル移籍のポイント

・弊社IPは柔らかいハードウェア機構(再構成+可変パラメータ、FPGAとは違いハードワイヤードなので回路規模小)から成るため、ライバルのデメリットを排除しメリットを兼ね備えたものになっている。特に、GPUはサーバー側としては確固たる地位を築いているがエッジ側では課題が多くアーキテクチャのレガシーに縛られ解決には至っていない。

・ハードウェアIPを半導体ベンダーにライセンス供与し、ライセンスフィーを得るモデル、およびソフトウェアIP(ハードがデファクト化しその上で走る高度なライブラリ)をエンドユーザーにライセンス販売。ファブレスを志向。

・イノベーションで新しい価値を創り出し社会貢献を目指す。具体的には、AI・画像処理系半導体・LSIの梁山泊を目指し、国内外の半導体エンジニアの結集を目指し、知的財産の集積化の媒体を作ることで、ものづくりの拠点を作りたい。  

どんな経験ができるか?

・AI・IoT分野におけるエッジコンピューティング事業をスクラッチからビジネス開発
・経営者マインドで組織づくり、営業開拓、アライアンスなどの枠組みを構築
・世界に通じる知的財産(IP)を作り世界市場に広める

AI・自動運転向けエッジコンピューティング半導体設計「ArchiTek株式会社」: http://www.architek.co.jp/

DATA

企業名
ArchiTek株式会社
URL
http://www.architek.co.jp/
代表取締役
高田 周一
本社所在地
大阪府大阪市西区北堀江1丁目1-29 四ツ橋MT長谷ビル
設立
2011年9月29日
資本金
2億7,210万円(2018年5月31日現在)
従業員数
11名

募集情報

業界
IoT, AI・ロボティクス
募集ポジション
ビジネス開発(企画・営業・マーケティング), エンジニア・デザイナー
受入期間
6か月~(週3日も可)