プレスリリース 2018年4月9日

企業間レンタル移籍プラットフォーム「ローンディール」を通じて、日本郵便・NTT西日本等から5名のレンタル移籍が開始、導入企業は累計10社を突破。

企業間レンタル移籍*プラットフォーム「LoanDEAL」を展開する株式会社ローンディール(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:原田未来)は、2018年3月・4月から合計5名のレンタル移籍が開始したことを発表いたします。

*レンタル移籍:研修・出向等の企業間契約に基づいて、人材が元の企業に在籍したまま期間を定めて他社で働く仕組み。貸出企業の人材育成、受入企業の事業推進を目的として活用されます。現在は主にイノベーション人材・次世代リーダー育成に取り組む大企業からベンチャー企業へのレンタル移籍という形態が中心となっています。

【導入企業について】
企業間レンタル移籍*プラットフォーム「LoanDEAL」を通じて、5名のレンタル移籍が開始されました。

2017年度より導入いただいている西日本電信電話株式会社(NTT西日本、本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:村尾 和俊)では、今期も継続して2名のレンタル移籍を決定し、世界初の人工流れ星事業を展開する株式会社ALE(本社:東京都港区、代表取締役:岡島 礼奈)等にレンタル移籍が開始されました。また、システム受託開発のテクノライブ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:石川 洋平)からも継続して実施が決定、中小企業向け融資サービス「LENDY」を手掛けるフィンテックスタートアップ、株式会社クレジットエンジン(本社:東京都品川区、代表取締役:内山 誓一郎)へのレンタル移籍が開始しております。

一方、日本郵便株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:横山 邦男)は今期より導入を開始、第一号案件として石灰石から生まれた新素材「ライメックス」を開発・製造・販売する株式会社TBM(本社:東京都中央区、代表取締役:山﨑 敦義)へのレンタル移籍が開始されています。

その他非公開案件も含め、2018年3月・4月から合計5名のレンタル移籍が開始し、レンタル移籍の導入企業は累計10社を突破いたしました。各取り組みの詳細については、順次、公表してまいります。

また、2018年5月16日には「ローンディールフォーラム2018」と題して、経済産業省 産業人材政策室長 参事官 伊藤 禎則氏、ロート製薬株式会社 代表取締役会長兼CEO 山田 邦雄氏、早稲田大学ビジネススクール准教授 入山 章栄氏等を招いて、社外経験の価値やこれからの組織開発について参加者とともに考えるイベントの開催も予定しております。

◇イベント情報の詳細
「ローンディールフォーラム2018」
http://eventregist.com/e/loandealforum2018
2018年5月16日(水) 16:00~18:45
東京ミッドタウン日比谷 BASE Q (東京都 千代田区有楽町 1-1-2 日比谷三井タワー)

今後も、ローンディールはレンタル移籍プラットフォームを通して、大企業の人材育成やイノベーション創出、ベンチャー企業の事業推進に貢献してまいります。

【参考情報】

株式会社ローンディール
企業間レンタル移籍プラットフォーム「LoanDEAL」を展開。イノベーション人材の育成手法として社外経験を活用するプラットフォーム。2015年9月にサービスを開始、2018年4月現在、加盟企業は150社以上、導入企業はNTT西日本・トレンドマイクロ・関西電力など。
URL:https://loandeal.jp/

【本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社ローンディール
広報担当:原田・及川
電話:03-6327-0711
メールアドレス:press@loandeal.jp