プレスリリース 2017年11月6日

「レンタル移籍」を提供する株式会社ローンディールと人材開発のプロフェッショナルファーム 株式会社セルムが、次世代経営人材の育成を目的に業務提携

知識と実践の両面から人材開発機会を提供することで、企業における次世代経営人材の育成をサポート

企業間*レンタル移籍プラットフォーム「LoanDEAL」を展開する株式会社ローンディール(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:原田 未来)は、組織・人材開発のプロフェッショナルファーム株式会社セルム(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:加島 禎二)と業務連携し、次世代経営人材の育成を目的とした「研修+実践」を組み合わせたプログラムの提供に取り組むことをお知らせいたします。

*レンタル移籍:出向等の企業間契約に基づいて、人材が元の企業に在籍したまま期間を定めて他社で働く仕組み。貸出企業の人材育成、受入企業の人材増強を目的として活用されます。現在は主に大企業からベンチャー企業へのレンタル移籍が中心となっています。

【両社の事業内容】
ローンディールは、企業間レンタル移籍プラットフォーム「LoanDEAL」を運営し、大企業の若手及び中堅人材をベンチャー企業のプロジェクトに参加させ育成する「レンタル移籍」という仕組みを提供しています。一方、セルムは約1,000名のネットワークコンサルタントを擁する人材開発のプロフェッショナルファームとして、企業研修を通じた経営課題解決や次世代リーダーの育成に取り組んでいます。

【業務提携の内容】
このたび両社は、企業における将来の経営人材の育成という課題に対して、ソリューションを共同で構築するため業務提携を行いました。具体的にはセルムの提供する研修プログラムを受講した顧客企業の社員が、そこで得た知識やマインドセットを実践する機会として、ローンディールがレンタル移籍の機会を提供します。

【背景・今後】
昨今、イノベーションの必要性から企業における人材開発が新たな局面を迎えています。業界を超えた競争が激しくなり、不確実性の高まる環境下で意思決定をできる次世代リーダーの育成を最重要課題と捉える企業も少なくありません。一方で、固定化し、安定した組織の中では、企業の将来を担っていける人材の育成機会が乏しくなっています。
両社の協業により、知識と実践の両面から人材開発機会を提供することで、企業における次世代経営人材の育成をサポートしてまいります。

【参考情報】

株式会社セルム
1995年に創業された企業向け人材開発・組織開発ソリューションを提供する会社。国内外の有力コンサルティングファーム出身の経験豊富なプロフェッショナルをプラットフォーム化(約1,000名)する独自のビジネスモデルで、一部上場企業、業界リーディングカンパニーを中心にサービスを展開。経営リーダー育成において、国内トップクラスの実績を有しています。
URL:http://www.celm.co.jp

株式会社ローンディール
企業間レンタル移籍プラットフォーム「LoanDEAL」を展開。イノベーション力の開発を中心とした人材育成の手法として出向制度の活用を提唱するプラットフォームとして2015年9月にサービスを開始。2017年11月現在、加盟企業は130社を超えています。
URL:http://loandeal.jp/

 【本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社ローンディール
広報担当:原田・及川
電話:03-6327-0711
メールアドレス:press@loandeal.jp