ニュース

EVENT
2020 .7 .28

大企業のイノベーションに必要なのはどんな人材か考えよう会議【LoanDEALオンラインセミナー】


開催日
2020 .8 .6
会場
オンライン開催
主催
ローンディール
定員
申込み

企業におけるイノベーションと求められる人材像を、
イノベーション創出に取り組む3名のゲストと議論します

イノベーションとは、一口に括ってしまってよいものでしょうか。会社の状況や社会情勢によって、目的も様々なのではないでしょうか。さらに言えば、目的によって必要となる人材も変わってくるのではないでしょうか….。
社会の不確実性が高まり企業や人材も変化が求めらる中で、イノベーションの必要性が高まっている今だからこそ、改めてこんなテーマを掘り下げてみませんか。

今回のセミナーでは大企業においてイノベーション創出をリードする3名のゲストをお招きします。ご登壇は、NTTドコモで新規事業創出プログラム「39 works」を運営する笹原優子さん、パナソニックの新規事業創出プラットフォーム「ゲームチェンジャー・カタパルト」代表の深田昌則さん、そして三井不動産が運営するBASE Qにて、大企業のイノベーション創出を支援する光村圭一郎さんです。

ゲストの皆さまとまずは、大企業で考えられるイノベーションの位置付けをタイプ別に整理します。そして各ポジションで求められる人物や、具体的な人材像についても掘り下げます。当日は、オンラインホワイトボードをリアルタイムで中継しながら進めてまいります。生の声が飛び出すシナリオのない、まさに「会議」を覗き見するような議論を展開できればと考えています。

大企業の新規事業部門および人材育成のご担当者の皆様、この機会にぜひご参加ください。

【開催概要】
日程:2020年8月6日(木)
時間:16:00~17:30 
対象:大企業の新規事業部門、人材育成のご担当者の皆さま
会場:オンライン開催。ZOOMにて配信予定。
   ※視聴先については、お申込後いただいた方に当日午前11時までにご案内いたします。
参加費:無料
申し込み:https://eventregist.com/e/5eaiBXypXPtS

【登壇者】
・株式会社NTTドコモ イノベーション統括部グロースデザイン担当部長 笹原優子さん
・パナソニック株式会社 ゲームチェンジャー・カタパルト代表 深田昌則さん
・三井不動産株式会社 BASE Q運営責任者 光村圭一郎さん
・株式会社ローンディール 代表取締役社長 原田未来(モデレータ)

【備考】
・セミナー視聴先URLはにつきましては、当日朝11時までにご登録いただいたメールアドレスにお送りいたします。
・もし時間を過ぎても届かない場合は、エラー等になっている可能性がございますので、大変お手数ですがevent@loandeal.jpまでご一報くださいませ。
・携帯電話のメールアドレスでお申し込みをいただだいた方は、「@loandeal.jp」からのメールを受信できるよう、あらかじめ設定をお願いいたします。

【登壇者プロフィール】五十音順


光村圭一郎さん
三井不動産 ベンチャー共創事業部 統括/BASE Q運営責任者

1979年、東京都生まれ。 2002年、早稲田大学第一文学部を卒業し、講談社入社。 2007年、三井不動産入社。2012年より新規事業担当。2014年、新規事業の一環で日本橋・三越前に『Clipニホンバシ』を開設。2015年、全社横断的な新規事業部門としてベンチャー共創事業部の立ち上げ、スタートアップの連携を創出するオープンイノベーション活動に従事。2018年、東京ミッドタウン日比谷に『BASE Q』を開設し、大手企業のオープンイノベーションを支援するプログラムの提供を開始。


笹原優子さん
株式会社NTTドコモ イノベーション統括部グロースデザイン担当部長

1995年NTTドコモ入社。iモードサービスおよび対応端末の企画、仕様策定にサービス立ち上げ時より携わる。現在はイノベーション統括部グロース・デザイン担当部長として、新事業創出プログラム「39works」を運営。プライベートでは2000年に東京-大阪の遠距離結婚を決めたことをきっかけに、場所に関わらず働ける人材になろうと副業を開始。コンサルティング事業、社会起業家支援を実施。現在はNPO法人ETIC.で「Social Impact for 2020 and Beyond」プロジェクトにプロボノとして参画。2013年MIT Sloan FellowsにてMBA取得。


深田昌則さん
パナソニック株式会社 アプライアンス社 ゲームチェンジャー・カタパルト代表

パナソニック(松下電器産業)入社後、米国松下電器およびカナダ松下電器に赴任。帰国後、AV機器の国際マーケティング担当後、海外宣伝課長。LUMIX等の海外市場導入を実施。ハリウッド映画連携など、全世界販促を主導。その後、オリンピックプロジェクト実務責任者。IOCや各五輪組織委員会との折衝とマーケティング、機器納入を担当。2010年よりパナソニックカナダにて市販部門ディレクター。2015年よりアプライアンス社海外マーケティング本部新規事業開発室長、2016年にデジタル変革時代の社内アクセラレーター「ゲームチェンジャー・カタパルト」を創設し現職。2018年、パナソニックが米VCスクラムベンチャーズと合弁事業支援会社「株式会社BeeEdge」を設立、取締役を兼務。神戸大学大学院経営学研究科卒(MBA)。