ニュース

EVENT
2020 .10 .22

【オンラインセミナー】不確実性が高まる時代、 大企業の変革を促進する「レンタル移籍」とは?


開催日
2020 .11 .13
会場
オンライン開催
主催
ローンディール
定員
30
申込み
終了しました。
イベント概要

視聴先にアクセスできない方のために、一時的に視聴先URLを掲載します。
https://us02web.zoom.us/j/86773394452
ミーティングID:86773394452
パスコード:736547
※開始直前のアクセス集中緩和のため、20分前よりアクセスをお試しください
※アクセスできない可能性がありますので、zoomアプリは、最新版にアップデートをしてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イノベーションを生み出せる人材に必要なスキル・マインドは?
そして、組織はそのような人材をどう活かすべきか?

生活習慣が大きく変わりますます不確実性が高まる昨今、多くの企業が変化し、イノベーションを生み出すことが求められています。早稲田大学大学院の入山章栄教授は、イノベーションには「両利きの経営」が必要と提唱しています。それは既存事業を深める「知の深化」に加えて、新たな領域を探す「知の探索」が必要というものです。

ではイノベーションを促進する人材、つまり新規事業の創出や既存事業の変革を推進できる個人そして組織とは、具体的にどのようなものでしょうか。個人にはどのようなスキルやマインドが必要で、組織はそのような人材にどう向き合い、活かせばよいのでしょうか。

ローンディールは大企業からベンチャー企業へ一定期間人材を送る「レンタル移籍」を提供しています。これは個々人の能力を高めるだけでなく、まったく新しい世界を体験する「知の探索」の要素があることから、イノベーション人材の育成手法としても注目が高まっています。実際に、トヨタ自動車、パナソニック、経済産業省などでも導入され、レンタル移籍者は今年8月で100名を超えました。

本セミナーはローンディール代表の原田が登壇します。レンタル移籍を導入している企業の実例を交えながら、個人そして組織の両面から、組織変革の鍵を探ってまいります。本イベントを通して、イノベーションを促進させるための人材育成・組織開発について考えるきっかけになれば幸いです。人材開発・新規事業開発に携わる皆さま、ぜひお越しください。

【内容】
-レンタル移籍の全体像
-移籍前の準備と考え方
-成長を実現する移籍中の支援
-移籍後の動きと組織作り
-レンタル移籍とオープンイノベーション

【開催概要】


日程:2020年11月13日(金)
時間:14:00~15:30 講演・質疑応答  
対象:大企業の人事・人材開発部門の方、ならびに新規事業開発・イノベーション推進部門の方
会場:オンライン開催。ZOOMにて配信予定。
   ※視聴先については、お申込後いただいた方に当日午前11時までにご案内いたします。
参加費:無料
お申込:本ページの下にあるフォームよりお申込みください。

【備考】
・セミナー視聴先URLはにつきましては、当日朝11時までにご登録いただいたメールアドレスにお送りいたします。
・もし時間を過ぎても届かない場合は、エラー等になっている可能性がございますので、大変お手数ですがevent@loandeal.jpまでご一報くださいませ。
・携帯電話のメールアドレスでお申し込みをいただだいた方は、「@loandeal.jp」からのメールを受信できるよう、あらかじめ設定をお願いいたします。

【登壇者プロフィール】


原田未来 株式会社ローンディール 代表取締役社長

2001年、創業期の株式会社ラクーン(現 東証一部上場)に入社、営業部長や新規事業責任者を歴任。2014年、株式会社カカクコムに転職し事業開発担当。人材流動化の選択肢が「転職」しかないことに課題を感じる。サッカーなどスポーツの世界で行われている「レンタル移籍」に着想を得て、「会社を辞めずに外の世界を見る機会」「企業の新しい人材育成の仕組み」として企業間レンタル移籍プラットフォームを構想。2015年に株式会社ローンディールを設立し現在に至る。