ニュース

PRESS
2020 .12 .14

セイコーエプソンが、スピード感のある事業推進を実践できる組織作りを目的に「レンタル移籍」を導入。


株式会社ローンディール(東京都港区、代表取締役社長:原田 未来)は、セイコーエプソン株式会社(長野県諏訪市、代表取締役社長:小川 恭範)に対して、人材が元の企業に在籍したまま期間を定めて他社で働く仕組みである「レンタル移籍」を提供しました。

今回、ソフトウェア技術開発部の川井純氏が社内選抜を経て、2020年12月よりBIRD INITIATIVE 株式会社(東京都中央区、CEO:北瀬 聖光)での業務を開始しました。デジタルトランスフォーメーション技術の研究・開発及び事業化を行っているBIRD INITIATIVEにおいて、シミュレーション × 機械学習AIを用いた事業支援検討、及び顧客開発などを担当します。

セイコーエプソンはレンタル移籍を通して、スピード感をもって行動を起こし、意思決定をする経験を積むことで、帰任後にその文化とプロセスを根づかせる行動を起こすことを期待しています。

今後も、ローンディールは「レンタル移籍」を通じて、大企業における人材育成や、イノベーションを創出できる個性・多様性を活かした組織作り、およびベンチャー企業の事業推進を支援してまいります。そして、一人でも多くの人が境界を超えてお互いに刺激を与えあい、挑戦が波紋のように広がっていく社会の実現に向けて取り組んでまいります。

※本プロジェクトは、新型コロナウイルスの感染拡大の防止及び関係者の健康・安全等に配慮の上、実施しております。

【日経新聞掲載】新サービス

発想力を鍛えるリアル・ケーススタディ

「outsight (アウトサイト)」

https://outsight.jp/