ニュース

PRESS
2024 .6 .28

IHI、旭化成、KDDI、SOMPOホールディングス、東京ガス、日本特殊陶業、日本郵便、阪急阪神不動産の8社が、業務時間の20%を活用した越境プログラム「side project」第4期に参画!


株式会社ローンディール(東京都港区、代表取締役社長:原田 未来)が提供する、3か月の間業務時間の20%程度をベンチャー企業での仕事に充てる越境学習プログラム「side project」。2024年9月スタートの第4期では、SOMPOホールディングスと阪急阪神不動産の初導入、そしてIHI、旭化成、KDDI、東京ガス、日本特殊陶業、日本郵便の継続活用が決定しました。

 

side projectの仕組み


●第4期の参加企業

<新規導入>
・SOMPOホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、グループCEO取締役代表執行役社長:奥村 幹夫)
導入目的:カルチャー変革を推進するリーダーシップや社内の常識にとらわれない視座を持った人材を育成するため

・阪急阪神不動産株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:福井 康樹)
導入目的:イノベーション創出に向けた企業文化を学ぶとともに、事業共創や事業支援を行うにあたりスタートアップへの理解を促進するため

 

<継続導入>
・株式会社IHI(本社:東京都江東区、代表取締役社長:井手 博)
・旭化成株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:工藤 幸四郎)
・KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:髙橋 誠)
・東京ガス株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長:笹山 晋一)
・日本特殊陶業株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:川合 尊)
・日本郵便株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:千田 哲也)
※社名カテゴリ別・50音順

●今後のプログラムの流れ

現在、8社から52名がプログラムへの参加を予定しています。参加者は6月に参加企業合同でのキャリア開発を含む事前研修を終え、7月よりベンチャー企業との面談をスタートします。ベンチャー企業と業務内容の合意に至った参加者は、業務時間の「20%」を活用し、9月〜11月の3か月間、ベンチャー企業において業務を実践します。

株式会社ローンディールは、今後も「side project」を通じて、大企業とベンチャー企業の間での人材の流動化を促進し、より多くの人が境界を超えて挑戦できる社会の実現を目指します。


●5期参加企業募集のお知らせ

現在、2025年1月〜3月の3か月間で参画される企業を募集しております。
まずはお気軽にお問い合わせください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼side projectについて
ホームページ  https://sideproject.jp/
事業説明動画 https://www.youtube.com/watch?v=T-Z4NF0ixds&t=25s
導入事例  https://case.sideproject.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー