プレスリリース 2018年5月7日

NTT西日本から、世界初の人工流れ星事業を展開する株式会社ALEへのレンタル移籍が開始。

企業間レンタル移籍プラットフォーム「LoanDEAL」を展開する株式会社ローンディール(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:原田未来)は、西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:村尾 和俊、以下「NTT西日本」)から、株式会社ALE(本社:東京都港区、代表取締役:岡島 礼奈)へのレンタル移籍が開始されたことを発表します。

 写真右から岡島氏、梶原氏

*レンタル移籍:研修・出向等の企業間契約に基づいて、人材が元の企業に在籍したまま期間を定めて他社で働く仕組み。貸出企業の人材育成、受入企業の事業推進を目的として活用されます。現在は主にイノベーション人材・次世代リーダー育成に取り組む大企業からベンチャー企業へのレンタル移籍という形態が中心となっています。

【取り組みの背景】
2017年4月よりレンタル移籍を導入しているNTT西日本では、社員の多様なキャリア形成支援および人材育成を通じたオープンイノベーションの推進を目的として、2018年度も継続してレンタル移籍の実施を決定いたしました。

ALEは、世界初の人工流れ星事業を展開しており、科学とエンターテインメントの両立による宇宙技術の革新に取り組んでいます。世界初の試みとなる人工流れ星事業を、新たな発想で加速させてくれる仲間として、人材の受け入れを決定いたしました。

実際にレンタル移籍をするのは梶原 浩紀氏は入社7年目の方で、レンタル移籍以前はWi-Fiビジネスの推進に携わっていました。NTT西日本にとっても宇宙関連事業は未開の領域であり、今回のレンタル移籍を通じて、経営全般を見渡す感覚、世の中の動きを敏感に感じる嗅覚、挑戦する姿勢など、大組織の中では得にくいスキル・経験の習得が期待されています。なお、本レンタル移籍は2018年4月1日よりすでに開始されています。

株式会社ALE岡島氏コメント「ALEは、異なるバックグラウンドを持つ、多様性に満ちたメンバーにより、前進しました。梶原さんには、NTT西日本の素晴らしいしっかりとした企業文化をALEに吹き込んでいただき、業務を通じてALEらしい文化を一緒に作っていってもらいたいと思っています。すでに梶原さんには、チームの一員として大変ご活躍していただいております。」

レンタル移籍者:梶原氏コメント「ALEに入社して2週間、宇宙ビジネスの新たな領域を開拓するALEメンバーの情熱を日々感じています。一年後、成長著しい宇宙ビジネスに関するノウハウを活かしてNTT西日本に新たな価値を提供できる人材になれる様、毎日チャレンジしていきます。」

今後も、ローンディールはレンタル移籍プラットフォームを通して、大企業の人材育成やイノベーション創出、ベンチャー企業の事業推進に貢献してまいります。

【参考情報】


株式会社ALE
2011年9月設立。人工流れ星を放出する小型人工衛星の開発と、それを用いたエンターテイメントや科学発展への貢献を目指す宇宙ベンチャー企業。現在は、広島・瀬戸内地方に人工流れ星を流す”SHOOTIN STAR challenge”(2020年春予定)実現に向けた取り組みと、自社衛星で取得する宇宙環境データを科学発展に応用するサイエンス事業の立ち上げに注力している。
URL:http://star-ale.com/


株式会社ローンディール
企業間レンタル移籍プラットフォーム「LoanDEAL」を展開。イノベーション人材の育成手法として社外経験を活用するプラットフォーム。2015年9月にサービスを開始、2018年5月現在、加盟企業は160社以上、導入企業はNTT西日本・トレンドマイクロ・関西電力など。
URL:https://loandeal.jp/

【本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社ローンディール
広報担当:原田・及川
電話:03-6327-0711
メールアドレス:press@loandeal.jp