株式会社グラファー

更新日:

市民のための行政のDXを実現する

私たちは、社会生活を送る上で避けては通れない難しい申請や届出を、テクノロジーの力で圧倒的に便利にすることに挑戦しているGovtech(ガブテック)ベンチャーです。

Govtechとは、政府(Government)×テクノロジー(Technology)領域の呼称であり、海外では一定の認知がされておりますが、日本ではまだ認知もなく、関連するベンチャーもほとんどないのが現状です。

Grafferは日本のGovtech領域における市場先駆者として、「人々の主体性と創造性を引き出す新しい行政インフラを構築する」ことをミッションとしています。

日本には現在、46,000種類以上の複雑でアナログな行政手続き(例えばパスポートの取得や相続手続きなど)があり、事業者が負担する行政手続きコストは年間約5〜10兆円と試算されます。

私たちはこのコストを市場と考え、行政インターフェイス事業を中心に複数のプロダクトを展開することにより、「テクノロジーの力で民主主義を拡張していく」というビジョンを持っています。

具体的には、民間で初めてのスマホで電子署名を用いた行政手続きが完結するサービスや、法人登記簿謄本をオンラインで取り寄せることのできるサービスや、ライフイベントに応じて必要となる手続きを質問に答えていくだけで洗い出すことができるSaaSなどを多数の行政手続きにまつわるプロダクトを提供しております。

メンバー

石井 大地 | 代表取締役CEO

東京大学医学部に進学後、文学部に転じ卒業。2011年に第48回文藝賞(河出書房新社主催)を受賞し、小説家としてプロデビュー。複数社の起業・経営、スタートアップ企業での事業立ち上げ等に関わったのち、株式会社リクルートホールディングス メディア&ソリューションSBUにて、事業戦略の策定及び国内外のテクノロジー企業への事業開発投資を手掛けたのち、2017年に株式会社グラファーを創業。

レンタル移籍者に担当させたい業務内容

■製品の資産価値増加につながるビジネス施策立案

■顧客の発見、顧客の課題の発見、およびその解決方法の提案

■顧客に共通する課題を設定し、製品につながるインサイトの共有および製品の新規立案

■プロダクトマネージャーと顧客と協調しながらの、製品のブラッシュアップ

DATA

企業名
株式会社グラファー
URL
https://graffer.jp/
代表取締役
石井大地
本社所在地
東京都渋谷区千駄ヶ谷1-2-3 INビル2階
設立
2017/07/18
従業員数
22名

募集情報

業界
ウェブサービス・ゲーム,コンサルティング,政治・行政
募集ポジション
  • ビジネス開発(企画・営業・マーケティング)
受入期間
6か月~