株式会社Jiksak Bioengineering

更新日:

「ALSを治療可能な世界」を目指すバイオ企業

①ヒト iPS 細胞から作製した 3次元神経組織(Nerve organoid)をマイクロデバイスに埋め込んだ製品の販売事業

②自社独自のMicrophysiological System(MPS)デバイスの開発、疾患モデルスクリーニング技術の開発事業

③神経筋接合部に特化した創薬事業

メンバー

川田 治良 創業者・代表取締役

上智大学理工学部物理学科 卒業 東京大学大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻修士・博士課程修了。博士(工学) 東京大学生産技術研究所特別研究員を経て、2017年に株式会社Jiksak Bioengineering設立。

湯本 法弘 最高技術責任者

京都大学大学院医学研究科分子医学専攻修了。博士(医学)。 米国ニューヨーク大学メディカルセンター研究員。骨格筋から運動神経に対する「逆行性の前シナプス分化シグナル」の同定に成功し、2012年にNature誌に報告。その後アストラゼネカ社メディカルアフェアーズ部を経て、現職。

レンタル移籍者に担当させたい業務内容

事業開発:

国内市場の拡大や海外市場の開拓、ベンチャー目線でのアライアンス業務hなどビジネス開発全般を幅広く携わっていただきます

コーポレート業務:

研究者集団をどう料理して事業を推進するか一緒に企画していただきます

エンジニア:

分野外のエンジニアの方に、弊社の研究開発にチャレンジしていただきます

このレンタル移籍のポイント

・ALS(筋萎縮性側索硬化症)をはじめとした神経難病の治療に寄与する、社会貢献度の高い事業に携わることができる

・世界的にも最先端なビジネス開発・研究開発を担っていただくため、リーダーシップを発揮する場面が多々ある

・国内市場の拡大や、海外市場をゼロから開拓する経験を積むことができる

3次元神経オルガノイド創薬支援「Jiksak」

DATA

企業名
株式会社Jiksak Bioengineering
URL
https://www.jiksak.co.jp/japanese
代表取締役
川田 治良
本社所在地
神奈川県川崎市幸区新川崎7-7 AIRBIC 2F A24号室
設立
2017年2月7日
資本金
93百万円
従業員数
5名

募集情報

業界
医療・ヘルスケア,農業・食
募集ポジション
  • エンジニア・デザイナー
  • コーポレート部門(人事・財務経理・管理)
  • ビジネス開発(企画・営業・マーケティング)
受入期間
6か月~
最新情報

受賞等:


2018年8月  特許庁が実施するIPASプログラムに採択


2018年10月 総務省が主催する「異能(Inno)vation」企業賞受賞


2019年2月 かながわビジネスオーディション(KBA) 2019 イノベーション大賞受賞 https://www.kipc.or.jp/kba2020/winner2019.html